2013年5月24日(金)#174 宅間孝行・映画「くちづけ」を語る

| コメント(0) | トラックバック(0)

●宅間孝行・映画「くちづけ」を語る

宅間孝行・映画「くちづけ」を語る

俳優・宅間孝行さんが、昨年解散した劇団・東京セレソンデラックス伝説の名舞台「くちづけ」の映画化作品を語ってくれました。

宅間孝行・映画「くちづけ」を語る宅間孝行・映画「くちづけ」を語る

堤幸彦監督、貫地谷しほり、竹中直人出演、もちろん宅間さんが脚本、主演を担当した笑いあり、涙ありの物語。

宅間孝行・映画「くちづけ」を語る

映画「くちづけ」
5/25から、109シネマズ名古屋、ワーナーマイカル大高、安城コロナワールド、小牧コロナワールド、ミッドランドシネマ名古屋空港、ユナイテッド・シネマ豊橋18 等で公開。

宅間孝行

宅間孝行
1970年東京都出身。俳優、脚本、演出家。
1997年、劇団『東京セレソン』を旗揚げ。主宰を勤めると同時に座付作家、演出家、役者も兼ねる。
2001年「東京セレソンデラックス」と改名。
脚本家"サタケミキオ"として「アタックNo.1」「花より男子」等がヒット。また、俳優・宅間孝行としても、「タイガー&ドラゴン」「おせん」などTVドラマ、映画で好演。
2012年「東京セレソンデラックス」を解散。
2013年、名作「くちづけ」が堤幸彦監督作品として映画化。5/25から公開される。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://96ch.tv/mt/mt-tb.cgi/706

コメントする

月別 アーカイブ

ウェブページ