2011年3月4日(金)野宮真貴&サエキけんぞうライブで、黒ちゃんねるをPR

| コメント(0) | トラックバック(0)

●野宮真貴&サエキけんぞうライブで、黒ちゃんねるをPR

野宮真貴&サエキけんぞう野宮真貴&サエキけんぞう

サエキさんのハルメンズ30周年記念プロジェクトのライブイベントに野宮真貴さんがゲストで参加。

チカチカぶどう÷グレープ
Boogie theマッハモータース

鶴舞のライブハウス・KDハポンは超満員!
チカチカぶどう÷グレープBoogie theマッハモータースと熱いライブは続き、ついにサエキけんぞうが登場!

サエキけんぞうサエキけんぞう

Boogie theマッハモータースと合体して、21世紀型ハルメンズが、未発表の名曲「昆虫軍」「レーダーマン」などを披露。

野宮真貴野宮真貴

そしてデビューはハルメンズへのゲスト参加だったという縁から今回ゲスト参加となった野宮真貴さんが登場!
ピチカート5時代のヒット曲「ツイッギー・ツイッギー」のソロオリジナルバージョンなどをオシャレに聞かせてくれました。
最後は、ぶどう÷グレープのくみんこ&ながいグレープも参加してのセッション!

野宮真貴野宮真貴

黒岩室長不在の中、「黒ちゃんねる」のPRもライブ中のお二人からいただきました。
無茶言ってスミマセンでした!

 

野宮真貴野宮真貴・ピンクの心

野宮真貴
1981年『ピンクの心』でデビュー。
その後「ポータブル・ロック」を経て、80年代ニューウェイブシーンを代表する存在に。
90年代に「ピチカート・ファイヴ」に加入、渋谷系文化のアイコンとして、日本及び海外の熱狂的な人気を集めた。
現在、独創的な存在感と歌声で、音楽に加え、カルチャーやアート、ファッションなど多方面で活躍中。
2011年はデビュー30周年を迎え、様々な活動が予定されている。

サエキけんぞうハルメンズ

サエキけんぞう
1958年、千葉県出身。ミュージシャン、作詞家、音楽プロデューサー。
1980年、ハルメンズのボーカリストとしてデビュー。その後1986年に「パール兄弟」として再デビュー。
戸川純、野宮真貴、沢田研二、西城秀樹、ムーンライダーズ、松田聖子、サディスティックミカバンド、加藤和彦、モーニング娘。など数多くの作詞を手がける。
2003年にはフランスでフレンチポップのソロアルバムを発売。
2009年より地下アイドルのプロデュース活動も積極的に始めている。また、文筆家としても活躍中。
2010年末からはハルメンズ30周年プロジェクトを展開中。

ハルメンズの近代体操ハルメンズの20世紀
21世紀さんsings ハルメンズ初音ミク sings ハルメンズ

Boogie theマッハモータース21世紀さんsings ハルメンズ

Boogie theマッハモータース
2001年6月。ギター素人makojetが「(ミレニアムの)記念にバンドでもやってみるか...」とバイト先の無口でイヤな奴と近所でよく見るデカくて気持ち悪い奴を誘って結成。
「幾度のメンバーチェンジを繰り返したい」とそれぞれが強く思いながらも願い叶わずオリジナルメンバーで活動中。
現在ロックとテクノの垣根を超えて「ロックとテクノの結婚式」を実現!!
今夜もニューウェーブ光線に照らされて、ロックのカロリー最大消費!!
スピード違反はあたり前!あなたの街に舞い降りる!

ぶどう÷グレープ

ぶどう÷グレープ
2001年名古屋で結成。
前身バンドのバケラッタに、くみんこ÷グレープが加入し、ぶどう÷グレープと改名。
名古屋のライヴハウスを中心に活動し、2005年アルバム「恋人はこうしてつくる」でデビュー。
テクノ・ニューウェイヴ系のひねくれたポップなサウンドが信条。
2008年にはアメリカツアーを成功させた。

チカチカ

■チカチカ
カキコキ、ピコピコ、宮崎産名古屋在住のビニールハウス テクノポップユニット♪ プラスチックなボーカルと、哀愁漂うメロディが特長。
昨年末解散したが、この日は一夜限りの再結成ライブ。

野宮真貴

K・D ハポン 空き地
名古屋市中区千代田5丁目12-7
TEL (052)251-0324
JR鶴舞高架下にある、約20年前にアートスペースから始まったライブハウス。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://96ch.tv/mt/mt-tb.cgi/296

コメントする

月別 アーカイブ

ウェブページ